英語での先輩、後輩の呼び方

2013年5月2日更新
英語での先輩、後輩の呼び方

英語には先輩や後輩といった日本のような意味での上下関係がありません。会社ではなおさらで、上司と部下の関係はあっても、先輩と後輩というような明確な線引きがないため、呼び方についても「先輩」といった呼び方はしません。すべて「同僚」(colleague)になります。

距離がある相手ならば、ラストネームに敬称を付けて呼びますし、職場でファーストネームで呼ぶ習慣のある会社や国ならば、ファーストネームで気軽に呼びます。

したがって、日本の会社での先輩、後輩の上下関係を英語で伝えたい場合は、seniorということもありますが、あまり一般的には使いません。いろいろと教えてもらってきたような関係でなければcolleagueでいいでしょうし、面倒を見てもらったり教えてもらったりしてきている間柄ならば、後述するmentorという言い方もいいでしょう。

He is my senior.
彼は私の先輩です。
Taichi is senior associates.
太一さんは先輩社員です。Senior associatesは一般的に役職はないものの、ベテラン社員であることを示すことにも使います。
Jason is my mentor.
ジェーソンは私の先輩です。

師匠のような先輩ということであれば、mentorという言い方も可能です。こちらはよく使い、相談相手やよい師や先輩に対して「mentor」という紹介の仕方をすることもあります。会社によっては制度としてメンターというものを人事教育システムに組み込んでいる会社もあります。

後輩のことは、直訳すればjuniorとなり、young memberということもありますが、日本語の後輩に厳密に対応する英語はありません。彼は私の後輩です、という紹介よりも、彼は私の同僚ですといった紹介の仕方のほうが万国共通になります。この場合は、He is my colleagueで十分でしょう。

スポンサーリンク

>このページ「英語での先輩、後輩の呼び方」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集