英語で退職の挨拶をする

2014年8月17日更新
英語で退職の挨拶

退職の挨拶には、後任への引継ぎ挨拶を兼ねていない場合、基本的にはいつ退職するのかと関係者への感謝の言葉があれば十分です。引継ぎ担当者を紹介するメールとは分けたほうがよいかと思います。大仰なものではなく、シンプルな感謝の表現で綴られたものが多く、いわゆるその会社で出すことになる最後のメールとなります。

転職などで他社へ移る場合でも、社名は書かないのが原則です。転職した後に仕事の関係でやり取りする必要がある等でコンタクトするのはよいと思いますが、正式に移っていない段階での社名公開は無用なトラブル等を防ぐため、1対1のパーソナルなメールでも書かないほうが無難かと思います。

退職の理由等を書く必要はありませんが、下記の退職挨拶のメールのように「I am taking a new job elsewhere」で、他社へ移ることがわかります。また、懸念事項や申送り事項なども引継ぎ業務にて行なえばよいので、純粋に最後の退職挨拶はthank you letterの形をとるものでよいでしょう。

Today is my last day with ABC Corporation. I am taking a new job elsewhere.

I wanted to take a moment to say thank you for your help and generosity during my time at this company. It is with great pleasure that I recognize you for your excellent work and communication in helping me to do my job successfully.

I appreciate all of the help that you have given me over the past few years. Please tell everyone else there I said thanks for their help as well.

本日を持ってABCコーポレーションを退職することになりました。今後は他社で働くつもりです。

在職中(在任中)はご親切にお力添えいただき、御礼を申し上げたくご連絡いたしました。小職の仕事がうまくいくよう、貴職にお力添えいただきましたこと、大変に感謝しております。

ここ数年の間、いろいろと助けていただいたことすべてに感謝いたします。ありがとうございました。そちらにおられる他の方にも感謝をお伝え頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

>このページ「英語で退職の挨拶をする」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集