貿易におけるP/Uの意味

2014年12月4日更新
貿易におけるP/Uの意味

P/UはPick upの意味で、P/U chargeといえばピックアップ費用のことを指します。貿易や物流の分野で「ピックアップ」は出荷物を集荷してもらうことを意味します。

大多数のメーカーでは自社で配送トラックを持つことは稀であるため、集荷であるピックアップは外部業者へ委託することになります。

P/U chargeとは、集荷費用であり、FOBコストを構成する要素の一つですが、恒常的に輸出を行っている企業の多くは、ピックアップを特定の運送会社や輸送会社、フォワーダーと契約していることも多く、この場合のピックアップの費用は契約している定期便(集荷の定期便)をベースに算定されます。金額が固定しており、FOBコストにはあらかじめ入れておかねばならないコストの一つとなります。

一方、いわゆる定期便のように、毎日決まった時間の集荷では間に合わないようなケースでは、トラックを都度チャーターする方法もとられます。緊急時など融通が利く反面、チャーターにはトラック1台あたりの特別費用が発生することが一般的なため、FOBコストに盛り込むべき集荷費用(P/U charge)が大きく変わる可能性に注意せねばなりません。トラックの種類や緊急度などにもよるでしょうが、1万円台〜2万円台といったところでしょうか。

特に、チャーターに費用がかかる大物だけでなく、製品の価格合計が低いような場合、チャーターすることで余計にかかった集荷費用を、製品単価に按分して乗せると、価格が大きく変わってしまうことがあります。FOB価格として、あらかじめ契約や見積もり等で価格を提示しているような場合、当初の提示価格から大きく金額が増えてしまう一つの要因となります。FOBコストというのは、特に売買金額が大きくないものほどに金額への影響が大きくなるため、この集荷費用についても実際の価格算出の際には注意すべきポイントの一つとなります。

スポンサーリンク

>このページ「貿易におけるP/Uの意味」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集