英文メールで返信が遅くなったことを謝る

2012年8月31日更新
英文メールで返信が遅くなったことを謝る

メールは、簡潔にして迅速なやり取りを低コストでやり取りできる反面、なかなか返事が出来ないときや、返答に困るものについては返信が滞りがちです。顔を突き合わせての会話ではない分、何の音沙汰もないと相手も不安になります。

返答に時間がかかりそうな場合でも、まずはその旨、一報するのがよいでしょう。その上で返信が遅くなった場合は、冒頭の一行目に下記のような一文を記載することが多いです。

以下の例文はどれも「返信が遅くなり、申し訳ありません」との意味を持ちます。

  • My apology for the late response.
  • Please forgive my late reply.
  • I'm sorry for taking so much time to response.

また、遅れた理由について記述したい場合は、下記のような例文が考えられます。

The person who could make decision was on his business trip.
決定権のある者が出張しておりました。
We had to discuss with several divisions about this issue.
多くの部署との話し合いが必要でした。
The time needed for obtaining consensus from all related divisions was much longer than I'd expected.
関連部署の合意を得るのに想定したよりもずいぶん時間がかかってしまいました。

スポンサーリンク

>このページ「英文メールで返信が遅くなったことを謝る」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集