英語で書く年末年始の挨拶

2013年11月11日更新
英語で書く年末年始の挨拶

年賀状や年末、年始の挨拶の習慣も形は若干異なれど万国共通に近いものがあり、宗教的な色合いがあまり出せない、出すことが好ましくない海外の得意先、取引先に対しては、クリスマスカードよりもこちらのほうが一般的な年末年始の挨拶になります。

外国=クリスマスカードといった発想をしている方もいますが、これはあくまでキリスト教圏の国か、もしくはこの季節の習慣として、宗教的な色合いをあまり気にしないか、クリスマスを一種のイベントのように捉えている日本のような国に対してならば問題ありませんが、様々な信仰や宗教がある海外に対しては一律にクリスマスカードを出すというのはおすすめできません。クリスマスを祝わない国もたくさんあります。

昨今は経費節減でこうした年末年始の挨拶のグリーティングカードや手紙を送ることをやめてしまう企業も出てきていますが、個人的には是非出すべきと思います。ただ、既製品のカードを使って出す場合は必ず、相手に対して自分のメッセージを一文でもよいので追記しておかないと何の意味もありません。サインだけして出す、という場合も数が多すぎるならばやむなしですが、自分の担当している得意先くらいは、ぜひ感謝のメッセージを手書きしたいところです。

With much appreciation for your business during the past year and best wishes for prosperity and peace year ahead.
旧年中は大変お世話になり有難うございました。本年も貴殿のご発展、平穏をお祈り申し上げます。
Happy holidays. Hope the New Year is your best every
新年がよき年でありますように。
Sincerest thanks for your business and warmest wishes for a happy holiday season and a New Year of peace and prosperity.
日ごろお世話になり誠にありがとうございます。さらなる繁栄と平和がおとずれますように。
The year end brings no greater pleasure than the opportunity to thank you for your business and wish you the best of everything in the year ahead.
年末は、貴殿に対する感謝と今後のご多幸をお祈りできる機会で、小職にとってこれ以上の喜びはありません。
Hoping your New Year celebration is the start of a wonderful year
貴殿にとってこの新年のお祝いが素晴らしい年のはじまりでありますように。
With special thanks and much appreciation.
大きな感謝を込めて。
Many thanks for all you do.
いつも何から何まで有難うございます。
Your business is always appreciated.
日々、ご高配を賜り誠に有難うございます。
Thank you for your continued business. We look forward to working with you in the future.
いつもお世話になり誠にありがとうございます。今後とも何卒よろしくお願いいたします。
Your business is sincerely appreciated. We look forward to continuing to serve you.
お取引いただきまことにありがとうございます。今後もお取引できることを願って。
Wishing you and your family a happy New Year.
貴殿とご家族によい年がおとずれますように。
I hope this New Year is all that you wish for. Wishing you all the very best.
この新年が貴殿の望んだ通りになりますように。ご多幸をお祈りいたします。

スポンサーリンク

>このページ「英語で書く年末年始の挨拶」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集