英語で私の責任だと伝える

2013年10月2日更新
英語で私の責任

私の責任だという場合、何か問題が起きてその「責任が自分にある」という場合、あるいは、「自分が責任者である」と宣言するような場合などが考えられます。自分のせいで何かが起きてしまい、その原因が自分にあるような場合には、responsibleというよりは、自分のfailureやfaultであったというほうがしっくりきます。こういうケースでは、必要に応じて、日本語文を噛み砕いてわかるようにしてから英訳に取り掛かるとよいでしょう。

I'm responsible for this part.
私はこの部分について担当しています(この部分の責任を担っています)。
I'm in charge for this issue. What seems to be the problem?
私が本件の責任者です。何か問題がございましたか?
I am not responsible for this issue.
私はこの件の担当ではありません(この件には関わっていません)。
It's my responsibility.
私が責任をもってやるべきことです。
I would like to apologize for this failure on my part.
今回のミス(私に起因する)を謝罪いたします。
We are deeply sorry for your inconvenience. If possible please allow us to burden the expense needed to alternate the process.
ご不便をおかけし大変申し訳ございません。もしご許可いただけるのであれば、工程代替のための費用を負担させていただきたくお願い申し上げます。
It was my fault, I apologize for your inconvenience.
私の責任(ミス)です。ご不便をおかけし申し訳ありません。
My mistake, sorry.
私のミスです、ごめんなさい。
My apology. It was my mistake.
私の間違いです。申し訳ないです。

スポンサーリンク

>このページ「」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集