moldとmouldの違い

2015年9月1日更新

ゴムやプラスチック用の金型、あるいは粉末や流体に近いようなものに使う「型」のことをmold(モールド)と英語では呼びますが、これが時にmouldと書かれることもあります。余談ですが、日本語では金型は、何のための型かによって名称が変わりませんが、英語では金属のプレスなどに使う金型は、dieと呼び、両者ははじめから区別されています。

実質、MoldとMouldは単なるスペルの違いであり、意味に違いはありません。どちらかといえば、米国英語ではMoldを使う傾向があり、イギリス英語ではMouldと呼ぶことが多いように思いますが、業務では統一されて使われていることもあります。

ただ双方の意味しているものに違いはなくとも、貿易書類などの品名欄に使われていると、仕向国によってはスペルを訂正したほうがよいというようなこともあります。これは貿易上の書類では使っている名称を、発注書とインボイスと同じ名称にしておいたほうがよいとされる国があること以上の理由はありません。ある物品を輸出する際、ある書類にはmold、同じものを示しているのに別の書類ではmouldというようなちぐはぐな状態にしておかなければ特に問題はおきないでしょう。

スポンサーリンク

>このページ「moldとmouldの違い」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集