ガタなきことを英語で書くと|図面の注記に使われる英語の表記

2015年6月10日更新

昨今は製造拠点の多国籍化に伴い、図面の注記部分に日本語だけでなく、英語で記載が求められることも多々あります。こうした場合、日本語の図面に使われている固有の「図面用語」「図面特有の表現」を英語に直す必要が出てきます。図面には、誤解を生む余地がなく、正確で短くわかりやすい表記が使われるため、英語でも同様な表現となります。

「ガタなきこと」は、多くの分野で使われますが、嵌合がしっかりしているかどうかを示す表現であり、口語でいえば「ガタつかない」、組み合わせた部分に必要以上の隙間がないことを意味しています。厳密な部分であれば、はめ合い公差を指定して、どれくらいまでなら組み合わさっている部分の緩みが許されるのか明確にしたほうがよいでしょう。

図面の注記としてもよく使われる「ガタなきこと」の英訳としては例えば下表のようなものが考えられます。

ガタなきこと、の英語表現
英語 日本語
shall be free from looseness 直訳すれば緩まないこと、となります。ゆるみがなく、ガタつかないことを表現したい場合にはよいでしょう
No gap is allowed ズレや乖離(かいり)、隙間、間隙をgapと表現します。
No backlash backlashは機械や部品におけるガタツキ、緩みや遊びのことを意味します。日本語でもカタカナのバックラッシュ、バックラッシという表現がありますが、業種により意味が異なりますので注意を要します。
 

スポンサーリンク

>このページ「ガタなきことを英語で書くと|図面の注記に使われる英語の表記」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集