現地調達化を英語で言うと

2013年5月22日更新

現地調達は、略して現調ともいいますが、海外へ工場や拠点を作った場合に必須となる考え方の一つで、言葉のとおり、現地にて日本から調達するよりも安い条件で、製品の製造に使う部品や材料、設備などを調達することを意味します。英語では、Localizationということが多いです。現地調達品をLocal partsとして、日本からの供給品であるJapan supply partsと区別します。

「近くに工場を作ったら買ってあげる」という顧客の言葉とともに生産財を手がける日本の製造業の多くが、顧客工場についていく形で海外進出を果たしましたが、こうした場合、顧客企業は現地調達を実現できているものの、その部品や材料を提供するメーカーの現地調達が追いつかないことも珍しくありません。

Please let us know the status of each parts localization.
各部品の現地調達化の状況を教えてください。
We think it important to promote localization for procurement even further.
現地調達化をさらに進めることは重要と考えています。

>このページ「現地調達化を英語で言うと」の先頭へ

 

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いです。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削に関わりのあるリンクを集めています。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトなど。関連分野で相互リンクご希望の方はお問い合わせください。

研磨、研削、砥石リンク集