lakhとcroreの意味|インドにおける数の数え方

2015年3月12日更新
lakhとcroreの意味

インドは英語を公用語としているものの、慣習的に一部の数字の数え方に独特の表現を使います。その代表的なものが、lakh(ラクもしくはラーク)とcrore(クロー、もしくはカロール)です。Lakhが10万を意味し、Croreは1000万を意味します。ヒンディー語がそのままインド英語として使われている例です。lakhは慣用的にlacやlaksとも略されることがあります。

英語では通常、千をthousandと表現し、1万なら10 thousand、10万なら100 thousand、100万になると単位が変わってmillionとなります。1000万ならば10 millionと表現されます。つまり千を区切りに数の単位を変えるカウント方式で、位取りが3ケタごととなっています。インドの場合、2ケタごとに位取りがなされますが、英語を使う場合、慣習的に固有の表現が出てくるのは10万と1000万だけで、あとの固有の表現はめったに出てきません。10万をlakhと表現するため、100万がmillionではなく、10 lakhsとなります。10万のlakhより2ケタ動いた値が1000万のcroreとなります。croreの次の単位はarawb(10億)となり、lakhの前の単位はhazaar(千)となりますが、いずれもインド英語ではほとんど使いません。

貨幣の数え方に使うだけでなく、数字そのものの数え方に頻繁にlakhとcroreが登場しますので、慣れないとなかなか実際の数字のイメージを掴み辛いかもしれません。Lakhはインドの南部ではlaksha(ラクシャ)、さらに、crore(カロール)をKoti(コティ)と呼ぶことがあります。

数字の表記と数え方|インド英語での命数方法
数字 インド英語での数え方 一般的な英語(米国)での数え方
10万 1 lakh 100 thousand
100万 10 lakhs 1 million
1000万 1 crore 10 million
1億 10 crores 100 million
10億 1 arawb 1 billion

スポンサーリンク

>このページ「lakhとcroreの意味|インドにおける数の数え方」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集