英語で役職なしの場合の肩書き

2013年3月17日更新
英語で役職なしの場合の肩書き

米国企業とやり取りしていると、多くの役職のないスタッフでもメール末尾の署名欄のところに、Accounting specialist, Purchasing specialistなどの表記をしている例が結構あります。自分の担当が何なのか、一目で分かるようにしているのと専門職の国ならではの発想のひとつといえます。

役職がない場合は、部署名と氏名だけでも問題ありませんが、しいて入れるのであれば上記のように、〜specialistと入れるほか、購買担当であれば、以下のような言い方もあります。

  • Purchasing specialist
  • Purchasing Officer
  • Purchasing Staff

単にStaffやGeneral Staff、Junior Staffという場合もありますが、この場合はあえて書く必要もないでしょう。

日本の企業の場合、順位別の肩書きが明確についており、それを直訳した英訳をつけることが多いですが、役職名の解釈は同じ英語圏の国でも、会社によって部長と課長の言い方が違うこともありますので、状況に応じて判断していく必要があります。

スポンサーリンク

>このページ「英語で役職なしの場合の肩書き」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集