英語で引き取り責任があると伝える

2013年10月28日更新
英語で引き取り責任がある

一旦発注したものや正式な内示を出していて製造に着手しているような場合、一般の消費財と違い、容易にキャンセルすることができないのが工業製品の商取引における一つの特徴です。製品の多くが汎用性がなかったり、その顧客のためにだけに製造されたりしていることが多いためです。

あるいは、量産納入や継続納入を前提にした取引をしていた場合、その量産が終了するような場合、製造元に残っている在庫の多くは他に売り先がないため、引き取ってもらう必要があります。

取引開始前に、こうしたことは契約で取り決めておく必要がありますが、取り決めていても一方的に量産注文の打ち切りを通知してくる客先もあります。こうした場合には、引き取り責任がある旨、先方へ連絡し、残存在庫を引き取ってもらうように交渉していく必要があります。

We have received build out notification for part number AA350. As a mass production part, we have been preparing the stocks according to your 3 months forecast.

According to the inventory purchase gurantee clause in our sales agreement, we ask you to purchase the remaining stocks for this order.

At the moment, we have 30,000 pcs in our inventory.

製品番号AA350の打ち切りのご連絡を頂きました。本製品は、量産部品として、貴社からの三ヶ月内示に基づき、在庫を準備しております。

貴社との売買契約の在庫引取り条項により、残存在庫の買い取りをお願い申し上げます。

在庫としては当社で3万個保有しております。

スポンサーリンク

>このページ「英語で引き取り責任があると伝える」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集