英語であなたの責任ではないと伝えるには

2013年10月2日更新
英語であなたの責任ではない

相手が過度に責任を感じ、自責の念にとらわれているような場合は、心情として、あなたの責任ではないと伝えたいものです。日本人はすぐに謝ると言われますが、日本語の申し訳ありませんや、すみませんは少々英語のそれとは異なるニュアンスでも使われるため、一概にそうとも言い切れませんが、国や人によっては、自分に非があったとしても絶対に認めないこともあります。なかなか非を認めない相手が、本人に起因することでもないのに謝っている場合や恐縮しているようであれば、一言添えてあげても良いのかもしれません。

こうした表現は、取引先というよりは、どちらかというと、海外のグループ会社とのやり取りなどを相手にしているときのほうがよく使うかもしれません。

「あなたの責任ではない」を直訳して、It's not your responsibilityとすると、あなたは本件とは関係がない、蚊帳の外、部外者である的な表現にも聞こえるため、以下のように、あなたのミスではない、あなたのせいではないと伝えるほうが無難かもしれません。

Everyone know about your dedicated support on this issue.
本件についてのあなたの献身的なサポートについては皆知っています。
We all know that it wasn't your fault.
私たちはこれがあなたのせいではなかったと知ってますから。
I know that it was not your mistake.
あなたのミスではないと私は知っています。
It's not your fault.
あなたのせいではありません。
It happens.
仕方がないですよ。(こういうことは起きてしまうものですよ)
It's ok. Please don't blame yourself.
いいですよ。ご自分を責めないでください。
No problem, really.
本当に問題ないですよ。
I believe you are not the person to be blamed.
あなたが責められるべき人ではないと思います。

スポンサーリンク

>このページ「」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集