department、division、sectionの違い

2014年4月21日更新
department、division、sectionの違い

department、division、sectionは区別の難しい単語で、国や会社、官公庁によっても使い方が異なります。いずれも、部、課、係などの英語訳として使われる単語です。

ウェブスターなどの英英辞典を見ると、departmentは「会社や組織、政府や学校などを構成する主な部分の一つ」との定義がなされています。またビジネスにおいては、「a major division」がdepartmentであるという言い方がなされています。一方、divisionは「分けられたもの」であることを意味するとの記述になっており、組織に関するものとしては軍では数個の旅団で構成されるものをdivisionと呼ぶ、との内容に留まります。つまり、departmentとdivisionの大小関係はおろか、これらが並列するようなものかどうかも言葉としては定義されていません。

それでは、ビジネスシーンにおける具体例で見るとどうでしょうか。筆者の経験上、米国や欧州の企業のどちらでも統一された使い方はされていません。米国企業でも、departmentとdivisionの大小関係がそれぞれ逆になっている企業、例えばdepartmentを部とするところもあれば、課とするところもあります。欧州についても同様です。あるいはdepartmentとdivisionのどちらか一つしか使わず、その下位組織としてはsectionを用いて場合もあります。

一度、複数の国の会社が担当者ベースで集まり、雑談の中で名刺を見せつつ聞いたことがありますが、同じ国の企業であっても見解はまちまちでした。departmentのほうがdivisionより大きい、という人もいれば、divisionは複数のdepartmentが集まったものだという人もいました。

日本の場合、官公庁は表現を統一しており、これら三つの単語の組織における大小関係は下表のとおりになります。

部が存在せず、局の下位組織が課の場合の英語組織名(日本の官公庁)
部署名(部署の単位) 英語での表記
bureau
課、室 division
部、課、室、係の英語組織名(日本の官公庁)
部署名(部署の単位) 英語での表記
department
division
室、署 office
section
unit

一般的に、日本の企業は官公庁で用いている表記などを参考にする傾向がありますが、この部署名に関してだけは、官公庁と同様に統一している企業は逆に少ないかもしれません。

スポンサーリンク

>このページ「department、division、sectionの違い」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集