届いた部品が不良品だったと英語で伝える

2012年8月21日更新
届いた部品が不良品だったと英語で

受け取ったものが不良品だったり、不具合があるということは残念ながら実際に取引していると結構あるものです。日本人は結構厳密に、そして細かく物事を見ていきますが、国によってはこの辺がかなり大らかです。梱包に問題があって輸送中に破損してしまったとか、検査がいい加減であったとか、理由はいろいろあるかと思いますが、届いたものが不良品だった場合、まずは相手にそれを的確に伝えて、どうして欲しいかも伝える必要があります。またメールに、添付写真をつけて、相手に納得してもらうのがよいでしょう。

We have found defect to the product we received on April 5 (PO#00001, INVOICE NO. 341000). As you can see in these attached pictures, there are several slight scratch marks on the surfaces.

This part is very important for adhesion and must not have any scratches. As we have agreed, our customer's requirement will not allow any scratches on this part.

We request you to send the conforming items as soon as possible with your expence. Also please advise us when can you ship the alternative products.

We appreciate your cooperation on this.

4月5日に受領したPO#00001, INVOICE NO. 341000分の製品に欠陥がありました。添付写真にあるとおり、浅い傷が複数表面に見てとれます。

この部品は接着する上でとても重要なもので、傷があってはいけない部分です。すでに合意いただいている通り、当社顧客の要求ではこの部分の傷は一切許されません。

貴社負担にて、適合品(良品)を至急お送りいただきたく。またいつ発送可能かもご連絡ください。

本件のご協力何卒よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

>このページ「届いた部品が不良品だったと英語で伝える」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集