CoAの検査成績書とは

2014年4月21日更新
CoAの検査成績書

CoAは、製造業で使われる場合、たいていはCertificate of Analysisの略称で、いわゆる分析証明書のことです。

貿易業務で多用されるのは、輸出先の国の制度により、国化学物質によっては規制が存在する為、含有物質を証明するためにも使われています。原材料メーカーからの英文による検査成績書、検査証明書の形で出されることが多いため、製造ロットごとの分析表としても使われます。CoAといえば、たいていの場合通じますが、使う文脈や相手の業界によっては別のものを意味することもありますので、最初は省略せずにCertificate of Analysisと書いたほうがよいでしょう。相手がこれをCoAと略して使っているようならば、こちらも安心して真似することができます。

薬品、化学物質を輸送する場合にはMSDSも必要となりますが、場合によってはこのCoAも現地側にて着荷(通関)までに必要とされることがあります。この場合、製品となる原材料や化学物質などの検収をあげるタイミングで、分析証明書も入手できるでしょうから、その時点でメールに添付し相手に送るとよいでしょう。

スポンサーリンク

>このページ「CoAの検査成績書とは」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集