英語で書くクリスマスカードやグリーティングカードの例文、テンプレート

2013年11月11日更新
英語で書くクリスマスカードやグリーティングカード

国内でも取引先に対して年賀状を出さない、という企業は少なくないように、海外でも年末にはグリーティングカードやクリスマスカードという形で多くの企業やビジネスパーソンたちが得意先や仕入先に対して日ごろの感謝と今後の友好、円滑なビジネス、取引関係を願って祝日前にカードや手紙のやり取りをします。

時期としては、12月の商戦などを控えている業種の場合は、12月頭もしくは11月に届くように出す場合もあります。

グリーティングカードはビジネスにも必要か

昨今ではe-mailのみの付き合いの場合は、e-mailで年末年始の挨拶や、クリスマスカード、グリーティングカードを送ることもあります。また、多数のカードを送る必要のある会社の場合、経費削減のあおりを受け、本当に必要かどうか仕分け対象となってカードの発送の中止を決めるところもあります。

単なる印刷されただけのカードを送るだけならば、たしかに削減対象ともなるでしょうが、後述するように、こうした季節の挨拶や祝日・特別な日にまつわるグリーティングカード類には、必ず、出す本人がメッセージを一文添えるべきで、こうしたメッセージが出せるのは年に限られていることもあり、相手に覚えておいてもらうためにも、個人的には是非出すべきだと思います。

特に長い文章や凝った表現も要らず、基本的には感謝の言葉と、こちらの近況、今後ともよろしくお願いします、というような文章が大半となります。個人的に伝えたいことがあるならば、固有の案件について大変お世話になりました、といった内容を添えるのもよいでしょう。ただし、進捗状況を尋ねたり、ビジネスの具体的な内容まではこうしたカードでは触れないことが原則です。

クリスマスカードやグリーティングカードへ書くべき内容

クリスマスカードやグリーティングカードに書くべき内容や一般的な原則としては、次の通りとなります。

  • カードのはじまりは、決まり文句、定型句があるのでそれを使う。
  • クリスマスカードやグリーティングカードを送る場合、印刷した文章とは別に、必ず相手にメッセージを一文でもよいので添える。
  • ビジネス向けであれば特に、相手への気遣い、感謝、繁栄や成功、健康などを願う内容、今後ともお願いいたしますといった内容を入れる。
  • この季節に関わりのある客商売を除き、あまり過度な売り込みを文面に入れない。
  • 署名部分に、Mr.や役職などのタイトルはこうしたグリーティングカードには入れないほうがよいという意見もある

お祝いムードではない相手に対して送る場合

何らかの不幸があった相手や、経済的な状況が思わしくないことが分かりきっている相手に出す際には、どのような文面にすべきか悩みどころですが、まず、華美なクリスマスカードや、ハッピーニューイヤーカードを避け、落ち着いた雰囲気のSeasonal Greetingsと呼ばれる「季節の挨拶」に相当するようなカードを選びます。日本から出すのであれば、日本の風情ある風景や風物を描いた落ち着いた雰囲気のカードも売られていますので、こうしたものを選ぶのもよいでしょう。これは寒中お見舞いのようなものとしても使えます。過度の励ましなどの文面や、派手な美辞麗句などを使わないよう気をつけつつ、感謝を述べる、ご多幸をお祈りするといった形式が無難です。

事故や災害などに見舞われた相手に対しては、お見舞いの手紙を別途出すのがよいですが、こうした年末年始やクリスマスのような場合には、直接そのことには言及しないほうがよいケースもあります。

従業員に対して送る場合

また、海外の従業員に対してもこうしたカードは経営サイドからよく送られます。社員とその家族の幸せを願うといった文面のほか、会社への貢献に対しての感謝の言葉等を述べ、会社への帰属意識や来年もよろしくお願いします、といった内容が多く見られる内容です。昨今の社会情勢や会社や顧客を取り巻く環境についての説明や、会社の方針について一言触れることもあります。

会社で出さなくとも、関係次第では個人で出す

なお、国や相手にもよるのですが、海外の得意先との取引は法人取引であっても、個人の「名前」や「信用」をベースに取引をするケースもあります。一般には、会社対会社の取引なので、担当がどう変わろうと取引には影響はないというのが建前ですが、実際には担当変更とともに取引がなくなってしまったり、条件が変わってしまうというようなことも珍しくはありません。

このように、自分の名前や信用で獲得したと思われる顧客については、会社がグリーティングカードを出さないといっても、会社名でなく、自分の名前で出すというのも一つの方法です。

海外の取引先の中には、個人的な信頼関係が会社を辞めた後も続き、こうした時候の挨拶がやり取りされるケースもあり、思わぬところでまた新しいビジネスにつながることもあります。

クリスマスカードへ一言添える文章

クリスマスカードやグリーティングカードの文面に使える例文
Holiday greetings and best wishes for the Christmas and New Year.
Our best wishes to you for a Merry Christmas and a prosperous New Year.
We wish you all the best in the coming year.
We send our warmest wishes for health and happiness.
May you be inscribed and sealed for a happy, healthy, and prosperous year.
I hope that 2013 was a good year for you and that 2014 will be even better.
We would like to wish you and your employees the very best this holiday season.
Warm wishes to you and your family this holiday season.
Wishing you happiness and cheer during the Christmas season and always.
Have a great Christmas and a safe and wonderful new year.
Sending you our best wishes at Christmastime and always.

スポンサーリンク

英語で書くクリスマスカードやグリーティングカードの例文、テンプレートの関連例文

>このページ「英語で書くクリスマスカードやグリーティングカードの例文、テンプレート」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集