Challanとは|インド英語で使われるChallanの意味

2015年4月13日更新
Challanとは

Challanはインド英語での固有表現の一つで、英語の辞書では掲載すらされていないことも多い英単語です。インドにおいて銀行や政府機関等で支払いを行う際の納付書のタイトルに、「Challan」の文言が記載されているとおり、税金をはじめ、何らかの費用を納める際の納付書や納付を行う際に記載するフォームのことを意味しています。インドでは非常によく使うものの、他国では通じないことが多い単語です。

納付書、支払いを行う際に使うフォームといった意味合いのほか、支払いを証明するもの、支払証書や、支払ったことを公式に確認したり証明したりする書類、公式の支払い方法としての意味で使われることもあります。ただし領収書とは異なるものです。「〜 Challan」という形で使われることが多く、インドでは固有名称をもったChallanもよく知られます。どちらかといえば、この単語だけを単体で使うことはなく、何のChallanなのか、固有の書式とあわせて使われることが多いように思います。例えば、form TR6としても知られるTR6 Challanや、EDD Challan等。

英語が公用語となっても、その国に固有の「英語表現」は意外に残っており、多くは現地で多くの方が使っている母国語から変化したものがそのまま英語としても使われているというパターンです。Challanはもともとヒンディー語を語源としており、発音が英語に直されてそのまま使われるようになった経緯があります。

スポンサーリンク

>このページ「Challanとは|インド英語で使われるChallanの意味」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集