英語でキャンセルできませんと伝える

2013年5月3日更新
英語でキャンセルできません

受注生産などで注文を受けたあとにキャンセルを受け付けることができない場合も多々あるかと思います。そんなときは、相手にキャンセルできない旨伝え、それでもキャンセルしたいという場合は、仕掛かった部分や発注してしまった原材料分などの費用を負担してもらえるよう話すのが日本流ですが、あらかじめ売買契約にないことについては海外企業との取引においては了承を得られないこともあります。

継続した取引関係にある会社ならばこの辺の事情も斟酌してくれることがありますが、はじめて取引をするところや、個人に近いような形態で商売をしている、もしくは個人からの注文などの場合、「そんな話は聞いてない」といって突っぱねてくることもあります。

いずれにせよ、注文を受ける際にメールなどの文章でキャンセルができないことを了承してもらってから受注するという習慣を身に付ける必要があります。日本の商取引の原則が通用しないことのほうが多いので、回収に不安がある場合などは、注文を受ける際、現金入金後に生産着手、製造着手といった条件にしておくのも一つのリスク管理です。

契約と聞くとたいそうなイメージがありますが、毎回の取引の際にも「個別契約」という形の売買契約を結んでいるに等しいため、このあたりの売買条件については毎回メールに添付するなりして明記しておく必要があります。

We are afraid to say that we cannot accept your cancel request. The manufacturing is already in process as scheduled. Since this product is solely made for you by your custom order, we cannot accept cancellation.

If you do not need this product, I’m afraid we have to ask you for the cost spent for manufacturing. Thank you for your understanding in this issue.

恐れ入りますが、キャンセルをお受けすることができません。製作は予定通り、すでに着手しております。貴社のご要望による受注生産となっております。

もしご入用ではなくなったということでしたら、大変恐縮ですが、製造にかかった費用を請求させて頂きたく。ご理解のほど何卒お願い申し上げます。

スポンサーリンク

>このページ「英語でキャンセルできませんと伝える」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集