英語でキャンセル料がかかると伝える

2013年5月1日更新
英語でキャンセル料がかかる

よく製造業の事情をわからずに、製造着手後に特注品などをキャンセルする方もいますが、こうした場合はキャンセルがそもそもできないということや、キャンセル料がかかることを前もって伝えておくことがベターです。特に試作や受注生産のようなケースではなおさらで、直接製造していなくとも仕入先がこの件について原料や部材の発注をして製造に着手していれば同じことです。

Regarding your cancel request, we have already started manufacturing so it is difficult for us to accept your cancellation. We have purchased materials and several parts are in progress.

Even so, if you would like to cancel this order, we have to ask you for the fee spent for manufacturing until current stage.

The cost spent for manufacturing at the moment is up to 500 USD.

キャンセルのご用命の件です、恐れながら製造に取り掛かってしまっているためキャンセルをいたしかねます。このための原材料を購入し、いくつかの部品につきましては仕掛かった状態です。

それでもキャンセルされる場合、現時点までに用いた製造コストを請求させて頂きたくお願い申し上げます。

現時点での製造に用いたコストは500米ドルとなっています。

スポンサーリンク

>このページ「英語でキャンセル料がかかると伝える」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集