バリなきことを英語で言うと|図面の注記に使われる英語表現

2015年6月10日更新

この「バリなきこと」も図面の注記で非常によく見られる表現の一つです。バリとは、表面がささくれだったような状態であったり、加工したあとに何らかの突起が残ってしまっているような状態のことを言います。

切削や研削などの物理的な加工後に生じるものもあれば、型から取り出したときに出てしまっているものもあります。材質によってバリの性状もいろいろあり、通常は研磨やバリ取りなどを行うことで除去します。工業製品の世界ではわずかなバリでも、隆起や突起などが残ってしまっていると、寸法精度に影響しますし、製品として問題が出ることが多いため、部品や機械要素等でも基本、「バリなきこと」というのは図面でもよく指示される内容となります。

バリ自体は英語で、burrと呼ばれることが多いです。ちなみにバリ取りはこのburrを取り除くということで、deburringといったりします。

図面の注記には、誤解が少なくわかりやすく短い表現が好まれますので、下記の様な言い方がよく使われます。

バリなきこと
Must be free from burrs.
角部はバリなきこと
Corners to be burr-free
この部品にはバリなきこと(バリを認めることはできない)
Burrs are not allowed in this part

スポンサーリンク

>このページ「バリなきことを英語で言うと|図面の注記に使われる英語表現」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集