梱包に使うプチプチは英語で何というか

2014年8月17日更新
梱包に使うプチプチは英語で

貿易において海上輸送であれ航空輸送であれ、梱包をしっかりしておかないと中身の破損につながります。もっとも、いくら梱包をしっかりしても、現地に到着したら中身が破損していたということも珍しくありませんが、発送前にできることはなるべく対策しておきたいところです。

こうした梱包でおなじみのプチプチは気泡緩衝材といい、製造メーカー等がもっている商標に、エアーキャップ、プチプチなどがあり、これらの名称やエアクッション等と一般には呼ばれています。英語ではbubble wrap packagingと呼ばれることが多いですが、この"Bubble Wrap"は開発元の米国企業が持っている商標となります。

気泡緩衝材の呼び名
日本語 英語
エアクッション、プチプチ、エアーキャップ、エアキャップ air cushion, bubble wrap, bubble wrap packing, inflatable cushion

海外から物品を購入する際は、状況により、どのような梱包になるのか問い合わせておくとよい場合もあります。あるいは以前に破損したものが届いたことがある等の場合、心配なので、梱包をしっかりしてほしい、という要望も出しておくとよいでしょう。

製造業で継続した取引になるような場合、双方でどのような荷姿を使うのかあらかじめ合意した上で取引を行うことが多く、packing standardと呼ばれる書類に、荷姿の写真、入り数、梱包形態等について詳細に記載したものを取り交わします。自動車部品業界等では、このプチプチを入れることになっているものを取り交わしているのであれば、入っていないものはクレーム対象となりますし、場合によっては受け取りを拒否されることもあります。

スポンサーリンク

>このページ「梱包に使うプチプチは英語で何というか」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集