メールの宛先に追加してくださいと英語で依頼

2014年8月17日更新
メールの宛先に追加してくださいと英語で

担当変更は会社に勤務していれば数多く経験することになることかと思いますが、非常に多くの業務連絡をメールで行なう昨今、担当が変更していることを通知しても前任者へ連絡がいってしまう、というようなことは珍しくありません。諸外国の担当者に対しては、すみやかに、かつ繰り返し依頼し続けることが肝要です。

特に会社によっては、何度も根気よく宛先に追加してもらうよう頼む必要があります。本来、担当変更を通知済みで、間違った相手にメールを送り続けて支障が出たとしても、受け手側の問題ではないのですが、こちらの都合でメールアドレスを追加してほしい場合もあるため、こうしたメールの追加依頼をするシーンは割と多くあるかと思います。

宛先を追加してもらいたいメールを誰かから転送してもらい、そのメールに返信する形で、下記のようなメールの宛先追加の依頼をするとよいでしょう。

From next time, could you care to add my e-mail as well?
次から私のメールアドレスも追記してくれませんか?
Would you please include my e-mail address below to all of your correspondence to our department?
あなたから当部へのすべてのメール連絡に、下記の小職のメールアドレスも追加いただけないでしょうか。
Recently, I've joined this team in ABC corporation. Please include my e-mail address as well. Thank you.
最近、ABCコーポレーションに入社しました。私のメールにも送っていただけないでしょうか。
Sorry to bother you again, but when sending e-mail to our department (company), please include 3 persons below in CC as well.
お手間を取らせて恐縮ですが、当社(当部)へメールにてご連絡される際は、下記の3名もCC(カーボンコピー)に追記いただけないでしょうか。

スポンサーリンク

>このページ「メールの宛先に追加してくださいと英語で依頼」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集