リン(元素記号 P)の用途、特性、物性、密度、比重、融点、沸点など

2012年8月30日更新

リンには10種類もの同素体があります。中でも赤リン、白リン、黒リンがよく知られています。リンの種類である黄リンは、同素体ではないとされます。

黄リンは発火点がわずか約30℃であり、大気中でも些細なことで容易に発火してしまう元素で、強い毒性もあります。マッチの材料として使われていたこともありますが、燃えやすいため現在はこの目的での使用が禁止されています。

この元素も、単体では自然界から採取できず、リン鉱石である燐灰石(リン酸カルシウム)をケイ砂やコークスともに加熱することで得られます。

窒素、リン酸、カリは植物の育成にとって欠かせない肥料の要素としても知られ、化学肥料の用途で多くのリン化合物が使われており、リンの使い道のおおよそ80%がこの用途とされます。

リン(元素記号 P)が活用されている分野

  • 化学肥料
  • 化合物として農薬や殺虫剤
  • DNAの構成成分
  • マッチ材料
  • 化合物としてコーンフレーク、ベーキングパウダー、飼料
  • 樹脂被覆処理を行った被覆リン
  • 耐摩耗性、極圧性を向上させるための添加剤
  • 化合物半導体(高純度のリンに限る)
リン(元素記号 P)の特性、物性
分類 非金属元素
電子配置 3s23p3
英語 Phosphorus
原子量 30.97
同位体 31P、32P
融点 (白リン)44.2℃
沸点 (白リン)280.5℃
密度 1.82g/cm3(白リン)
2.69g/cm3(黒リン)
2.34g/cm3(赤リン)
比重
硬度 モース硬度
色、形状 種類による。赤、白、紫、黄、黒など
20℃、1atmでの状態 固体
線膨張率
(α/10-6K-1
100K:
293K(20℃):
500K:
800K:
リン(元素記号 P)の電気抵抗(ρ/10-8Ω・m)
700℃
300℃
100℃
0℃
−195℃
リン(元素記号 P)の熱伝導率(W・m-1・K-1
700℃
300℃
100℃
0℃
-100℃

>元素周期表の目次へ戻る

スポンサーリンク

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集