計変とは|客先計変による内示調整

2016年3月15日更新

自動車部品業界で使われる場合、客先計変などの形で使われることもあります。計変とは、いわゆる「計画変更」のことです。主として生産管理分野の用語になります。通常、自動車部品は確定の注文のほかに、3か月分の内示が客先から出る仕組みになっており、部品メーカーはそれにあわせて構成部品や材料の調達を計画します。当月確定(注文)、内示、内々示をあわせて三発内示と呼んだりもします。

この三発内示は、往々にして(カーメーカーにもよりますが)、変更の憂き目にあうことが多く、そうなると部品供給ができなくなる欠品や、逆に内示が大幅に減少すると在庫過多の形で部品メーカーがそれらを持つことになります。欠品は客先のラインを止めることになるため、どの部品メーカーもこれが起きないよう死守しますが、だからといって在庫を減らしてラインが止まった、等となった場合、数万点の部品が使われる自動車のラインが数時間止まるだけで信じられないような損害金額が発生します。

この三発内示を変更する際の理由としてよく使われるのが「計変」です。設計変更と紛らわしいですが、設計変更のほうは自動車業界全般では「設変」(せっぺん)と略されています。

自動車の生産は、基本的には計画生産になりますが、最大手のトヨタ殿のジャストインタイムを見ればわかるとおり、余分な在庫は一切持たないのが原則としてあります(メーカーにもよりますが、在庫が増えればそれだけ会社で使えるキャッシュが減るということで、どの分野でも欠品させることなく在庫を低減させる努力は続けられているかと思います)。

一方で、こうした自動車メーカーへ納入する部品メーカーのほうは、在庫を持たないというわけにはいかず(極力持たないところもありますが)、材料を確保し、構成部品などをある程度前もって準備しておく必要があり、この内示制度が使われています。内示はEDIなどの電子ネットワークを通じてやり取りされることが多いですが、需要に応じて供給(製造)サイドも変動するため、月に数回変更がかかることもあります。

計変によって客先である自動車メーカーは、実際の自動車の売れ行きや先行きに調整し、売れないものは作らないという形をとっています。

スポンサーリンク

>このページ「計変とは|客先計変による内示調整」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集