HVPTとLVPTとは|自動車における量産トライ

2015年2月26日更新

自動車業界で使われる場合、HVPTはHigh Volume Production Trialの略、LVPTはLow Volume Production Trialの略をそれぞれ意味します。いずれも量産開始前に問題がないか、実際の生産ラインにて確認するための生産トライアルで、High Volume、Low Volumeは名称が示すとおり、どれくらいの数量を用いたテストになるか、また量産開始までのどのステージのテストかを意味します。自動車メーカーの海外工場とやり取りする場合には、頻繁に出てくる用語の一つです。

自動車はその製造にあたって多数の部品メーカーから多種多様な部品の供給を受けることで生産されるため、サプライヤー側(部品を供給するメーカー)にとってのLVPTとHVPTと、自動車メーカーにとってのLVPTとHVPTがあります。

部品にもよりますが、トヨタであれば、1A(イチエー、号試)の段階で部品メーカー側はLVPT、その次の量産トライがHVPTということになります。HVPTはMPT(Mass production Trial)とは区別して使われることもあります。

自動車以外の分野でも、量産開始前に生産工程に問題がないか行う生産上のテストはよく行われ、この場合もHVPTと呼称されます。

量産トライ(量産トライアル)である為、本工程(量産で使う工程と同じ工程)であることが求められ、型等を使う場合も、当然、量産用の型となります。

量産開始(SOP)までの各ステージの一例をあげると、CV(性能確認車)のあとにはWSKK(SKK)、1Aときて、HVPT、SOPという流れです。

スポンサーリンク

>このページ「HVPTとLVPTとは」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集