自動車におけるCKDとSKDの定義

2014年2月12日更新

CKDとはComplete Knock Downの略で、自動車を構成するすべての部品を海外へ送り、その現地にて組み立てや溶接、塗装、艤装、仕上げなどを行い、自動車として完成車にする製造技法です。現地に自動車部品メーカーが存在しなくとも、自動車の生産工場をつくることができます。

SKDとは、Semi Knock Downの略で、これも部品を現地へ送り、海外現地にて組み立てを行うことに変わりはありませんが、こちらについてはあくまでボルトやねじなどの締結だけで完成車になるレベルでの部品単位にして輸出する点が違います。

自動車の製造は大掛かりな産業となるため、どの国も自国での製造を促すためにさまざまな政策をとっています。その一つが税金の優遇です。

完成車で送るよりも、現地で組み立てたもののほうが税金面で有利になるような政策をとっている国もあります。

このKD(Knock Down)と呼ばれる手法は、現地にて自動車部品メーカーがなくとも、現地生産を可能にし、その国の税の優遇を受けることができるようにする手法でもあります。もちろん、現地組み立ての理由は直接的な製造コストの低減も理由の一つではありますが、このように貿易面でのコストにも影響し、それが自動車の原価に跳ね返ってくることになります。

スポンサーリンク

>このページ「自動車におけるCKDとSKDの定義」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集