E. & O.E.とは

2015年3月17日更新

インボイスやパッキングリストの末尾に記載されていることがある「E. & O.E.」の表記ですが、どのような意味があるのでしょうか。

この「E. & O.E.」はErrors and Omissions Eexceptedの頭文字をとった略称で、直訳すれば、「書き損じ・脱漏を除く」といった意味になります。ピリオドを除外して、E & OEと表記されることもあります。

これだけでは何のことやらよくわかりませんが、早い話、ミスがあってもその法的責任については勘弁してください、といったような意味合いを持つ免責のための決まり文句です。あるいは、「誤字脱字等のミスがあった場合は訂正しますが、それは改変等を目的に行ったものではない」ということを主張するための文言です。かなり古風な表現でもある為、最近のインボイスではあまり見ませんが、好んで使われる方もいます。かなり古いタイプのインボイスにはよく使われている表現でした。

このほか、大量の情報を列挙した文書の末尾にこの文言を記載することで、「当社の知る限り(当社の知り得る限り)この情報は正しいものと考えていますが、もし間違い等があっても責任についてはご容赦ください」といったような使われ方もされます。

インボイスやパッキングリストといった輸出者側が自ら作成する貿易書類だけでなく、見積書や仕様書といった文書にも使われることがあります。

スポンサーリンク

「E. & O.E.とは」の関連例文

>このページ「E. & O.E.とは」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集